頚椎ヘルニアの症状

頚椎ヘルニア甘く見ていると、大変なことになります・・・

重症化してしまうと、体のしびれや激しい痛みが起こり、満足に動く
こともできない状態になってしまう危険もあります。
感覚神経に異常をきたすケースもあるので注意が必要です。

頚椎ヘルニアの概要と危険性について

頚椎ヘルニア,症状

頚椎ヘルニアは正しくは「頚椎椎間板ヘルニア」といいます。

 

頚椎の椎間板がヘルニア(※)になっってしまった状態です。
※ヘルニア:臓器などが本来あるべき位置からはみ出した状態を意味する。

 

頚椎とはカンタンにいうと「首の骨」です。

 

体を支えている脊柱の中で、頭蓋骨を支えている計7個の背骨
を「頚椎」と言います。

 

ここには人体の中でも、特に重要な神経がたくさん通っている大事な場所です。

 

だからこそ、この大事な部分がヘルニアになってしまうと深刻な症状を
引き起こす危険があるので注意が必要になります。

 

昔からカラダの中心線には、人体の中でも重要な部分があるとされています。
上から頭、首、へそ、生殖器・・・。どれも無くてはならないものばかりです。

 

人間がとっさの危険を感じた時に、頭部を無意識のうちに守りますよね?

 

それほどカラダの中心線というのは大事なんです。
その中心線の中で、カラダと頭をつないでいるのが「頚椎」です。

 


頚椎ヘルニアの症状と特徴

頚椎ヘルニアの症状の特徴として、どの頚椎がヘルニアになるかによって、現れる症状に違いがあるということです。

 

通常の場合、上半身に症状が出ることが多いのですが、神経が圧迫されている部分が広範囲に渡っていると、症状が下半身にまで及ぶ事も珍しくありません。

 

それでは具体的にどのような症状が引き起こされるのか見ていきましょう。

頚椎ヘルニアの代表的な症状と危険な症状をチェック

カラダの痺れ

ヘルニアが神経を圧迫することで、神経伝達機能に影響を及ぼします。それによってカラダのしびれが引き起こされます。

 

腕や肩、指などしびれが起こる部位は様々ですが、このしびれが悪化すると、震えや体温の低下が起こり、自分で動きをコントロールできなくなることもあります。

 

カラダの痛み

痛みが出る部位も様々ですが、一般的には肩や腕、頚椎部分が痛むことが多いです。
これも悪化していくと、焼けるような痛みが走るようになり、カラダを動かすのも辛いといった状態になります。

 

知覚神経の異常

これは意外と知られていない症状なんですが、人間の触覚や痛覚を司る神経が圧迫されてしまうと、外部の刺激に対して正しい反応ができなくなります

 

例えば、モノに触れた感触が分からなくなったり、暑さ・寒さを正しく認識できなくなったりします。

 

そうなると、万が一熱いモノに触れた場合、普段では人間の「反射作用」で直ぐに手を引っ込めるのですが、熱いと認識するのに時間が掛かり、重度の火傷を負ってしまうなんて事もあります。

 

このような症状以外にも、カラダに力が入らない、めまいや吐き気、重度の頭痛、視力の低下、便秘、尿の出が悪くなる、などといった症状が引き起こされます。

 

こうなってしまうと日常生活を送るのにも困難になってしまい、精神的にも影響が出てきてしまいます。

 

たかが肩こりや頭痛と思っていたのに気が付いたら重症に・・・などという事がないよう
頚椎ヘルニアの原因や治療法についても正しい知識を付けてください。

 

頚椎ヘルニア編 人気記事ランキング ( 最終更新日
第1位:自宅で頚椎ヘルニアを治療する方法
第2位:頚椎ヘルニアが楽になると評判のスーパー枕
第3位:具体的にどんな症状が出てくるの?